fc2ブログ
Macの雑学メモです。
Mac、iPod、Appleに関する雑学を色々記載しています。
Mac OS X バージョン名一覧

◆パブリック・ベータ版 (Siam) -- 2000年(平成12年)9月13日

 ソフトウェアが正式に公開される前のバージョン。
 試作版のようなもの。

 開発を始めて、社内で検証している間をアルファバージョン、
 社外の者に評価してもらうものをベータバージョンと呼ぶ。

 そして、評価してもらう者を特定せず、
 希望があれば、だれにでもインストールしてもらい、
 評価してもらうものをパブリックベータと呼ぶ。

---

◆Mac OS X v10.0 (Cheetah) -- 2001年(平成13年)3月24日

 パブリック・ベータからさらに改良が行われた。

 しかし、当初はDVD再生機能などがなく、対応機器も
 限られている上に速度も大変遅く、まだ完成度は低かった。

◆Mac OS X v10.1 (Puma) -- 2001年(平成13年)9月25日

 10.0からの無償アップデートサービスが行われる。

 10.0に欠けていた様々な機能が追加され、
 実用的に使える初めてのバージョンといわれる。

◆Mac OS X v10.2 (Jaguar) -- 2002年(平成14年)8月24日

 動作速度が上がり対応機器が増えたことにより、
 少しずつOS 9以前の
 Macユーザーにも受け入れられる。

 2003年からMac OS 9が起動しない、
 Mac OS XのみをサポートするMacが販売される。

◆Mac OS X v10.3 (Panther) -- 2003年(平成15年)10月24日

 もともと優れていた安定性がさらに向上したほか、
 処理速度も大幅に向上した。

 ウィンドウ一覧表示機能"Exposé"と
 ホームフォルダの暗号化機能"FileVault"を採用。

◆Mac OS X v10.4 (Tiger) -- 2005年(平成17年)4月29日

 このバージョンからインストールディスクが
 DVD-ROM1枚になった(従来は複数枚のCD-ROM)。

 システムに統合されたファイル等の検索機能 "Spotlight"と
 「ミニアプリケーション」的感覚の"Dashboard" を採用。

 2006年以降の新製品には、Intel対応版の
 Mac OS X v10.4が搭載されている。

 また、単独販売(パッケージ版)のMac OS X v10.4は、
 Intel未対応のため、Intel Macにインストール不可である。

◆Mac OS X v10.5 (Leopard) -- 2007年(平成19年)10月26日

 このバージョンからインストールディスクが
 2層DVD-ROM 1枚になった。

 仮想デスクトップ環境"Spaces"と
 バックアップツール"Time Machine"が追加された。

 Windows XPまたはWindows Vistaとのデュアルブートの
 環境を実現する機能"Boot Camp"を正式採用。
スポンサーサイト





この記事に対するトラックバック




カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

usrooftop

Author:usrooftop
よろしくお願いします!


ブログ内検索


カテゴリー


最近の記事


ブログ全記事表示

全ての記事を表示する


参考リンク

このブログをリンクに追加する


RSSフィード